グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは

利息制限法上限利率と出資法上限利率

生活が苦しくなってしまった時などにお金を借りることができる消費者金融などには必ず利息が付いていますが、この利息を定める制限として、利息制限法上限利率というものと出資法上限利率というものがあります。

 

この利率はお互いに数字が違っているのですが、消費者金融などではこの双方の利率の間の利息をグレーゾーン金利と言っています。

 

消費者金融などでは利息を取ることによって運営していますから、出資法の上限利率ぎりぎりのところで金利を設定していることがほとんどです。

 

このグレーゾーン金利に関して最近ではニュースで見かけたりすることもありますが、グレーゾーン金利によってみなし弁済規定に当て嵌まっていれば問題ありませんが消費者金融の中でみなし弁済規定にあてはまっていることはほとんどありませんから、その場合には返済をしている消費者が過払い金の請求を行うことができます。

 

 

過払い金の請求返還の代行

グレーゾーン金利をしっかりと利息制限法に訳されて計算をしてもらい、元金に基づいて返済を行ってきたいと思っているのであれば、法律事務所にメール相談を行い、弁護士や司法書士に過払い金の請求返還の代行などを行ってもらいましょう

 

過払い金というのは自分の手元に戻ってくるお金ですから手続きをするのとしないのでは大きな違いがあります。

 

払わなくてもよかった金利をそのままにしておくというのは損をしてしまうことになりますから、しっかりと申請の手続きを行って返還してもらいましょう。

 

手続きが多少面倒になってきますが、司法書士や弁護士が代行して行ってくれますのでまずはそのような仕組みになっているのとメールで相談してみると良いですよ。

 

 

債務整理の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談


ホーム RSS購読 サイトマップ