過払い金請求 デメリット

過払い金請求のデメリット

裁判所に申請をしなければいけない

過払い金の返還請求について消費者金融を利用していた人であれば誰でも行えるというわけではなく、15%から20%またはそれ以上の利息を支払っていたという人に限って返還請求が行ってます。

 

ですからそれに当てはまらない人にとっては過払い金の返還請求というのはデメリットになってしまうかもしれません。

 

また、実際に過払い金の返還請求が行える立場の人でも裁判所に申請をしなければいけないので仕事を休まなければならず、忙しくてなかなか休みがもらえない人は申請を行うことができないというデメリットもあります。

 

時間を作って申請を行ったとしても、過払い金の返済について消費者金融側が有利な手続きを行ってしまうと、せっかく申請をしてもこちらが不利になってしまい、過払い金が戻ってこないというようなことにもなりかねません。

 

 

メール相談を行ってみて、自分が過払い金の返還請求できるかを確認!

素人が過払い金請求を行うということには、こうしたデメリットがあります。

 

プロである司法書士や弁護士にお願いをすることによって、しっかりと返還請求をすることができます。

 

その為にはまず法律事務所に無料でメール相談を行ってみて、自分が過払い金の返還請求できるかどうか、また申請をするためにはどのような手続きをすれば良いのかを聞いてみましょう。

 

弁護士や司法書士が代行して手続きを行ってくれることがほとんどですから、しっかりと過払い金を返済してもらうことができると思います。

 

過払い金が戻ってくればいろいろな使い道がありますので、とても助かりますよね。支払ってしまったものは仕方がないと泣き寝入りする必要がなくなります。

 

 

債務整理の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談


ホーム RSS購読 サイトマップ