民事再生 デメリット

民事再生のデメリット

手続きが大変なので素人では行うことができない

民事再生をおこなうことによって、マイホームを手放すことはなく、借金の返済を続けていくことができますが、やはり債務整理ですからそれなりにデメリットはあります。

 

まず民事再生によるデメリットで一番大きいのは、とにかく手続きが大変なので素人では行うことができないという点です。

 

しかしこの部分に関しては法律事務所にメール相談をすることによって、詳しい手続きに関してアドバイスを受けることができますから、わからないことがあればいろいろなことを法律事務所にメール相談して聞いてみましょう。

 

それから民事再生の場合には住宅ローンの金額というのは減額されませんから、そのまま残ることになります。

 

こうした部分は自己破産とは違うんですよね。

 

 

ブラックリストへの登録

やはり債務整理ですから、ブラックリストに登録されることになります。

 

平均して10年間くらいはクレジットカードを作ったり、新たにお金を借りたりすることができなくなってしまいます

 

それから官報に記載されてしまいますので、ヤミ金融等からダイレクトメールが届いたり、お金を貸しますよという勧誘の電話などがかかってきてしまうような場合もあります。

 

民事再生というのは債務の一部を整理するということは出来ず、全面的に整理することになります。

 

返済計画を見直すということになりますが、その結果毎月の返済金額が増えてしまうという場合もあります。

 

そうしたデメリットも含めて民事再生を検討していきましょう。

 

やはりプロである司法書士等に相談をしながら進めていくことが1番良いと思います。

 

 

民事再生の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談


ホーム RSS購読 サイトマップ