任意整理 デメリット

任意整理のデメリット

お金を借りている先方のすべてと合意が必要

任意整理を行うにあたり、法律事務所等に無料でメール相談を行ってみるとよくわかると思いますが、任意整理のデメリットとしてお金を借りている先方のすべてと合意しなければならないということがあります。

 

例えば5箇所からお金を借りている場合、4箇所は合意したけれど、残りの一箇所が合意してくれないというような場合であれば、任意整理を行うことができません。

 

そういった時にはトラブルのプロである弁護士や司法書士に助けてもらい、しっかりと合意をしてもらうことによって初めて任意整理が成立します。

 

任意整理が成立するまでに時間がかかってしまいますから、その間の借金というのは返済する義務がありますから生活が苦しくなってしまいますよね。

 

また、弁護士や司法書士を雇うといっても、それにも費用がかかってきてしまいます。

 

 

任意整理をしっかりと成功させることが大事

弁護士や司法書士というのは金額が決まっていませんから、とても高い場合もあるし、安い場合もあります。

 

できるだけ安い金額でトラブルを解決したいと思っている場合には法律事務所にメールで相談してみて、費用の相談などについても行ってみると良いと思います。

 

そうすることによって任意整理をした後に自分のペースで弁護士費用などを支払っていけるように相談に応じてくれますから、とても助かります。

 

まずは任意整理をしっかりと成功させることが大事になりますから、その為にはやはりプロの力が必要になってきます。

 

自分だけで先方としっかりと交渉して合意を得るという事はまずできませんから、無理をしてあがくよりも専門家に頼りましょう

 

 

任意整理の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談


ホーム RSS購読 サイトマップ