特定調停 デメリット

特定調停のデメリット

信用情報機関に掲載

特定調停というのは1部の債務に関して調整することができるなどメリットがたくさんありますが、デメリットは全くないのかというとそんなことはありません。

 

特定調停を行うことによるデメリットというのは、まず貸主に対して強制的に出廷させる効力を持っていませんから、貸主側が出廷してくれなければ調整が出来ず特定調停の債務整理をすることができなくなってしまうんです。

 

そうすると特定調停以外の債務整理の方法を考えなければならず、費用を抑えることができないし、面倒な手続きをしなければならなくなってしまいます。

 

また特定調停をすることによって、信用情報機関に事故情報として掲載されてしまうので、新しくクレジットカードを作ったりする時にはデメリットになってしまうと思います。

 

 

司法書士へ依頼して、貸主が出廷させる

貸主が出廷してくれなければ話し合いを行うことができませんので、そういったことを考えてもしっかりと司法書士などに続きをお願いすると良いと思います。

 

そうすれば貸主に対しても出廷をしてくれるようにお願いすることができますから、特定調停がスムーズに進んでいくのではないでしょうか。

 

そういったことを考えてみると、まずは法律事務所に無料でメール相談してみて特定調停をしたいんだけど、ということを話してみると良いと思います。

 

詳しい話をすることによって特定調停を行った方が良いのか、他の債務整理の方法を取った方が良いのかということもわかるし、特定調停をするにあたり、どの債務に関して行えば一番よいのかということなどを教えてもらうことができます。

 

 

特定調停の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談


ホーム RSS購読 サイトマップ